ジャズで脳もリフレッシュ!

こんにちは、いいだです。本日は店舗のBGMについて書かせて頂きます。

お越しいただいた方は既にBGMをお聞きになられているのでどのような曲がかかっているのかはお分かりだと思うのですが、当店ではBGMにジャズを流しています。ジャズというジャンルがあるのは皆さんご存知かと思いますが、音楽と言えばJ-POPな私にはジャズが一体全体何なのか説明できる訳もありませんでした。そんな私が店舗のBGMに何故ジャズを選択したのでしょう?

店舗を構えるにあたって、いくら古臭いイメージが付きまとう鍼灸マッサージ院だとしても、BGMくらいは流さないと間が持たない雰囲気作りもリラックス効果もあったものではないと考えました。しかし音楽知識に乏しい私でも、楽曲には著作権というものがあり勝手に商用利用することは出来ないという程度の知識はありました。そこで著作権問題をクリアするにはどうしたら良いのか調べていくと、有線放送を流す、ラジオをそのまま流す(音楽ばかりではないのでそもそもBGMには不適切、自分で団体に著作権料を支払う(なんだか面倒くさそう)などの方法があることが分かりました。

しかし、「あれ?そういえばクラシック音楽など作曲者が亡くなってある一定の期間が経てば著作権はなくなるのではなかったっけ?」と思い、ならばクラシック音楽を流せばいいんじゃん?という方向になりかけました。

が、著作物には著作権だけでなく著作隣接権というものも存在することが判明致しました。著作隣接権とは、調べると色々とあるようですが、店舗で流すBGMに限って簡単な説明をすると「CDなどの伝達物を作る際に関わった演奏家や制作会社などが有する権利」のようです。この著作隣接権があるために、著作権が切れている音楽でも店舗では流すことができない(と解釈していましたが、改めて調べてみると「レコード製作者が有する著作隣接権の中に、演奏権はありません。実演家も同様です。~中略~狭義の演奏権である、ホテルのロビーや美容院などで公に演奏する権利は認められていません。」とあり、制作会社や演奏家に対する手続きは不要とのことが書かれているサイトがありました。しかし、勝手にBGMとして流してはダメと断言しているサイトもあります。さて、どちらが正解なのでしょう?)ことを知りました。振り出しに戻ります。

結局は、有線放送や店舗用BGMアプリを使う、自分で著作権を扱う団体に著作権料を支払う、自分で作曲・演奏して流す(作曲も演奏もできないのでハードルが高すぎです)のどれかにすると考え始めたときに「商用利用OK・著作権フリー音楽」を扱っている会社をネットで見つけました。

それが「WHITE BGM」という会社です。正直、あまり期待はしていなかったのですが、商品を調べたら思いの外面白かったです。基本的には著作権の切れたクラシックやジャズ、ボサノバ、民謡、自社で製作しているヒーリング音楽などを扱っているのですが、YOUTUBEにサンプル動画?もUPしているので気が付けば沢山試聴してました。

マッサージを受けるにはやはりヒーリング系かなぁと先ずは考えましたが、ヒーリング系は施術をしている側にとっては単調過ぎて、ずっと聴くのは拷問にも近いものだという印象を持ちました(個人の見解です)。そこで他のものも手当たり次第試聴したところ、ジャズが非常に心地よかったのです。(実際のところ、リズムに大きな違いがあると言われているジャズとボサノバの違いが私は全然分かりません。生まれた背景や演奏スタイルなんかは説明をされれば「ほぅ」と理解は出来ますが、両者をランダムに演奏されたらどちらがどちらなのか答えられません。結局、ボサノバも心地よかったです。中にはめずらしいトランス系のクラシックもあり、これもいつかは購入したいと考えてます。大道芸人さんなんかにはうってつけの音楽だと思います。)そんなこんなで、ジャズがBGM候補に躍り出ました。

ただ、心地よいと言っても施術時のBGMに適しているのかどうかは別問題です。そこでジャズの効能を調べてみたところ、その独特なリズム感(改めて書きますが、ボサノバとの違いも私は分かってません)が脳の疲労回復に効果的らしいです。ジャズは音量の変化が頻繁に行われていたり、様々な種類のリズムを組み合わせているため、リズムに揺らぎが生まれ、長時間聴いていても飽きにくいという特性も持っているようです。更には4ビートが適度な緊張感とリラックス感を生み出します。緊張感とリラックス感が同居する音楽とは・・・?一般的にロックやブルース、J-POPなどのジャンルは8ビート(モーニング娘。は16ビートが命)で作られているようですが、その8ビートの半分でリズムを感じるため、早い曲調のものでもゆったりとしたリラックス感のある音楽になるようです。緊張感については、4ビートでは2拍目と4拍目でアクセントを感じることができ、その裏打ちが適度な緊張感をもたらす・・・と書いている人もいますが、私にはさっぱり。簡単に言うと曲にメリハリがつくということらしいのですが。

それでは、実際に施術中にかけるとどうなの?ということで、既に店舗でジャズを流していますが(実際は20%の割合でエレキギターの演奏によるクラシック音楽という何ともミスマッチな音楽も流しています)、私の施術を受けている方の多くはすぐに眠りについてしまいます。私の腕がそうさせてしまうのだろうと自己評価していますが、私自身が治療用ベッドで利用者の模擬体験をしている時にはBGMを聴いているだけですぐに眠りについてしまいます(私の腕とは無関係?)

という訳で、ジャズが大好きな人もジャズとは無縁だった人も、身体だけでなく脳の疲労も回復できる(かもしれない)当店を是非一度ご利用になってみて下さい。

前の記事

POP設置