「腰痛とは?」

腰痛とは病名ではなく症状のことを指します。腰痛を引き起こす疾患としては「腰椎椎間板ヘルニア」、「腰部脊柱管狭窄症」、「腰椎骨折」、「腰椎分離症」、「腰椎変性すべり症」、「脊椎カリエス」、「可能性脊椎炎」、「ガン」、「腎盂腎炎」、「尿管結石」、「子宮筋腫」、「子宮内膜症」、「解離性大動脈瘤」、「胆嚢炎」、「十二指腸潰瘍」、「変形性股関節症」、etc、多岐に渡ります。

「原因は特定できる?」

しかし、上記の疾患などがなくとも腰痛に苦しんでいる人は多く、原因を特定できない腰痛に苦しんでいる人が8割を超えているのが現状です。また、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の人の中でも腰痛がある人とない人がいたり、痛みがあって手術をしても痛みが改善する人と改善しない人がいたりと、その疾患が本当にその人の腰痛の原因なのかが不明なこともあります。

「筋筋膜性腰痛」

原因不明の腰痛の中には「筋筋膜性腰痛」というものもあります。体の中には「筋膜」といって筋肉の周りや皮膚の下に存在し、体を支えたり筋肉の動きを連携させたりするものがあります。特定部位の筋肉の働きが悪くなることで、その場所やその場所と連携している部分の筋肉や筋膜に痛みが生じるようになります。その痛みの出た場所が腰であれば筋筋膜性腰痛です。これは検査で容易に診断することができないため、他の疾患をきちんと除外する必要があります。

「その他の原因は?」

精神的ストレスも腰痛を引き起こし、ストレスを除去することで腰痛がなくなる人もいます。ただ、このストレスが一体何なのかをきちんと見極める必要があります。腰痛のある方で普段からイライラしたり、ウツウツしたりしている人はいませんか?

「腰痛をなくすには?」

疾患による腰痛については、その元となる基礎疾患を治療することで基本的には痛みは治まります。その他の原因不明の腰痛はどうしたら良いのか?原因不明なのですから、その原因を突き止めなければなりません。姿勢の悪さなのか、精神的ストレスなのか、筋筋膜性腰痛なのか、はたまた別の原因なのか。自身の生活を見つめなおして、原因と思われるものを除去していくことが大切です。

「マッサージや鍼は効果あるの?」

理論的には効果があります。鍼には痛みを抑制する物質を産生したり、痛み感覚の伝導を抑制する効果が確認されています。マッサージには自律神経を調整し副交感神経優位にすることでイライラを抑制したり、ホルモンバランスを整えることでストレスが緩和されることが確認されています。鍼もマッサージも筋肉の過剰な緊張を押さえることで血流を改善することもでき、痛みの物質がその場に留まらないようにすることができるのです。筋筋膜性腰痛であれば、腰だけでなく腰が痛む原因となった部位を見極めてその部位にもアプローチすることが大事で、これは姿勢の悪さを改善することにもつながります。

「結論」

ヒトは二足歩行になった時点で腰痛がつきものらしいです(腰痛がない人もいますが)。生活動作の見直しやストレスの軽減を図っても痛みがあるという方、まずは大きな病気でないことを病院で調べてもらい、そのうえで鍼やマッサージで痛みの軽減を図ってみることをお勧めします。